老人ホームにはたくさんの種類がある

「老人ホーム」という言葉自体は昔からあるものなので、ご高齢になられた方が入所する施設であるということは誰もがすぐにわかると思います。

実は老人ホームには、さまざまな種類の施設に分類されているので、「〇〇老人ホーム」「〇〇住宅」「〇〇施設」と名前の異なるものもあり、介護をされているご家族はもちろん、ご本人様も実際はよく違いがわからないという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

 

例えば、特養と呼ばれる特別養護老人ホーム、ケアハウス、介護老人保険施設、介護医療院といった公的の施設に加えて、介護付き有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、住宅型有料老人ホーム、グループホームなどの民間の施設があります。どの施設も広い意味で高齢者向けの「老人ホーム」と呼ばれていますが、正式なサービスの名前は全く異なるものです。

 

民間の施設でいえば、例えば介護付き有料老人ホームは、介護保険が適応される施設であれば、入居者の身の回りのお世話などのサービスを受けながら暮らすことのできる都道府県の認可を受けた老人ホームになります。

介護には、制度上仕組みがわかりにくかったり、種類もさまざまですが、ご自身やご家族のニーズに合ったサービスを利用することが最も大切なことです。

 

低額料金で安心、牛久・常総・木更津の有料老人ホーム『千楽苑』です。

牛久・常総・木更津エリアにて、有料老人ホームのことでわからないことがございましたらお気軽にお問い合わせください。ご入居後希望者の方も、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

サポート体制が万全だから安心

 

千楽苑グループで展開している老人ホームは、サポート体制がとにかく万全なので本当に安心して生活していくことができます。

どんなサポート体制が充実しているのかというと、まず建物内の防犯と安全設備が充実しています。不審者や緊急時の防犯、安全対策などを整え、館内全体には、警備保障システムでお馴染みのALSOKを導入し、日々の安全・安心を守っています。

また、イス型の昇降リフトの導入や、非常ベルは個人個人がすぐに利用できるように配置し、もしもの時にも万全です。

 

 

お部屋は、和室と洋室の2つのタイプがあり、どの部屋も日当たりが良くて、リラックスできる空間となっています。大浴場も完備しているので、いつも大きなお風呂に入浴することができるので快適です。

そんな充実した施設のある老人ホームなら、高額でなかなか入居することができないと諦めることがないように、柔軟に対応しています。

 

例えば、老人ホームを本当に必要とする人のためのサポートはもちろん、不安や悩みをしっかり聞いた上で対応しているのでとにかく安心です。あらゆるケースの悩みや事情にも柔軟に対応しているので、老人ホームへの入居を検討しているけれど、不安や疑問がある場合は何でもまずは相談してみるようにしましょう。

 

 

低額料金で安心、牛久・常総・木更津の有料老人ホーム『千楽苑』です。
老人ホームをお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

住宅型有料老人ホームで安心して暮らすという選択もあり

 

高齢になってくると、一人で暮らすことや、高齢の夫婦ふたりだけで暮らすことに不安を感じるようになってきます。高齢である本人は、それでも子どもたちに負担をかけたくないという思いから、老人ホームへの入居を検討しはじめる人も少なくありません。

 

 

老人ホームと言っても、実際には様々な形式の老人ホームがあり、目的や好み、自分の体調に合わせて選ぶことが大切になります。

このように数ある老人ホームの中でも、住宅型有料老人ホームなら、老人ホームに入居したという感覚がなく、生活していくことが可能となり、老人ホームを検討する高齢の方に人気があります。

まだまだ元気だけど、ひとりでは不安だし寂しいというお年寄りや、介護認定はまだまだ軽度という人向けの老人ホームの中に、住宅型有料老人ホームというものがあります。

 

 

住宅型有料老人ホームでは、基本的に介護サービスの実施はなく、その分、施設の設備を充実させたり、近隣の医療施設との連携、食事や洗濯・掃除といった身の回りの家事の代行など、快適に好きなことをしながら暮らすことのできる環境が用意されています。

もちろん元気とは言っても高齢なので、もしもの時のためにスタッフは、24時間常駐し、入居者さんの安心と安全を守っているので安心です。

 

 

低額料金で安心、牛久・常総・木更津の有料老人ホーム『千楽苑』です。
老人ホームをお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

こんな有料老人ホームなら安心

 

誰しもいつかは老人ホームにお世話になり、余生を過ごすことになる人が来る可能性は高いです。それは自分自身はもちろん、両親や兄弟など自分より目上の人にも訪れるものです。

現実に老人ホームへの入居を考えなくてはいけない時期になってくると、どんな老人ホームに入りたいのか、または入って欲しいのかなど、老人ホームに対する希望や理想というものが出てくると思います。

 

 

多くの人が老人ホームに入るなら、「こんな老人ホームに入れたらいいな。」「こんな老人ホームなら安心することができる。」という風に老人ホームに対する希望を持っているのではないでしょうか。

具体的に多くの人が理想の老人ホームとして抱くものには、ただ介護を受けるためだけの施設ではなく、前向きに楽しい毎日を過ごすことができること、費用などが心配で老人ホームに入ることができないと思わずに入ることができる施設であること、高齢者の病気や介護に関する専門的な知識のある医師や看護師、介護職員などが常駐していて何かあった時にも安心して頼ることのできる施設であることなどがあります。

 

また、老人ホームへ入居する本人以外にも、老人ホームへ入居させるご家族は、安心して大切な人をお願いできる環境であることを希望しているようで、その不安や希望を叶えることのできる老人ホームに入居するようにしましょう。

 

 

低額料金で安心、牛久・常総・木更津の有料老人ホーム『千楽苑』です。
老人ホームをお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

認知症など病気のあるお年寄りが入居できる有料老人ホームは?

認知症は、もう誰が発症してもおかしくないくらいポピュラーな病気のひとつとなっていますが、もしも認知症を身内で発症する人がいる場合、その介護は過酷なものになってしまいます。

認知症の症状が進んでしまうと、介護の専門知識のない家族では介護しきれなくなるのが現状で、そのような状態になってから慌てて利用できる介護施設や有料老人ホームを探す人も少なくありません。

認知症ケアに対応している老人ホームを始めとする施設には、特徴がありその大きな違いと言われているのが、集団で生活していくのか、それともあくまでも個人で生活していくかの2択にまずは分けられます。

 

有料老人ホームと言われるところは、個人で生活していくことを基本としている一方で、グループホームや特養と言われる施設は、ユニット型と言って、9人ほどを1組としたグループで生活していくことが基本となっています。

グループホームや特養と言われる施設のユニット型では、「自分でできることは自分で行うのが基本」となっていて、グループで生活することが個人の自立を促すもので、生活に必要な力を維持させることができ、介護の度合いを高めることなく安全に生活していくことができるという特徴があり、介護を受ける側にとってもメリットとなっています。

ただし、このような形の特養は、利用希望者が多いので、なかなか入居することができません。

そのため、認知症の症状がある一方で、介護度合いが比較的軽い場合は、グループホームを検討する人が多いので、そのような施設を考えてみることをおすすめします。

 

低額料金で安心、牛久・常総・木更津の有料老人ホーム『千楽苑』です。
老人ホームをお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

各施設案内
お問合わせ

メニューを開く