医療との連携も抜群だから安心

株式会社東京建物サービスで運営している老人ホームは、老人ホームを利用したいと思っているご本人やご家族に人気のある施設です。なぜ、多くの人に評判がよく人気となっているのか。その秘密は、まず医療との連携が抜群に良いところです。

老人ホームという施設は、いつどのタイミングで急に体調が悪くなるかわからない高齢者の方が多く入所しています。

だからこそ、医療との連携は必要不可欠です。まずは、どんなことよりも医療との連携に力を入れ、ちょっとでも体調がすぐれない、いつもと違うという変化にも即対応することができる医療体制が充実しています。医療体制の充実は、もしもの時だけでなく、継続した通院が必要な方や、介護認定を受けている方が安心して通院しながら生活していくことができる環境が整っていることにも繋がっていますので、それだけでも多くの安心材料となると評判がよいです。

さらには、毎日提供される料理がおいしいと人気です。実際に提供される料理は、高齢者の健康と栄養バランスを第一に考えたメニューを考え、一汁三菜というバランスの良いメニューとなっています。

食事は、日々の活力や楽しみにもつながっていくので、同じようなメニューばかりではなく、季節の変化を感じたり、ちょっと変わったメニューに挑戦してみたりとレパートリーも豊富です。何よりも食事が美味しくてこの老人ホームを選ぶ人も多いです。

最後に、老人ホームは、金銭的に裕福な人が利用する場所というイメージを持つ人も多いかもしれませんが、株式会社東京建物サービスの運営する老人ホームは、生活保護を受給している方でも支払うことのできる料金設定となっているので、誰でも気軽に利用することができるので、老人ホームを探しているという方は、ぜひ一度お問い合わせください。

 

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

安心して過ごす環境が用意されている

株式会社東京建物サービスが運営している老人ホームは、利用者の方や、ご家族が安心して過ごすことのできる環境がしっかり用意されているのでおすすめです。

老人ホームには、いくつも種類があるのをご存じでしょうか。

終の棲家として、優雅に過ごしたいという方が選んで利用する老人ホームもあれば介護が必要な方が利用する老人ホーム、ほぼ寝たきり状態の方が入所する老人ホームなど、同じ老人ホームと言われているところでも大きな違いがあります。

株式会社東京建物サービスが運営している老人ホームは、「千楽苑」と言って、軽度の介護認定を受けている方が入所できる「住宅型有料老人ホーム」という形式の老人ホームとなっています。

住宅型という名前から想像できるように、ほんの少しだけ日々の生活の介護やサポートを受けながら、普通に生活することができるようになっているので、元気なうちから入居することのできる老人ホームです。

 

そのため、一般的な老人ホームのように寝たきりの人や、介護がなければ生活できないという介護サービスは行っておらず、その分、快適に楽しみながら安全に生活することができるような設備の充実や、医療機関との連携の充実に力を入れています。

食事や洗濯、掃除と言った家事は、スタッフが行っており、24時間常駐するスタッフによる見守り体制の充実によって、利用されている入所者は、元気で健康的に過ごすことができています。

元気なうちに老人ホームに入って、日々を謳歌したいという方は、ぜひ一度見学に訪れてみてはどうでしょう。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

安心して利用できる有料老人ホームとは

安心して利用できる有料老人ホームの運営をモットーとして株式会社東京建物サービスは、日々運営しています。

しかし、安心して利用できる老人ホームとはどういう老人ホームなんだろうと思うことはないでしょうか。

そこで、株式会社東京建物サービスでは、その「安心できる」という部分を具体的なモットーとしてみましたので、見ていきましょう。

まず、株式会社東京建物サービスで運営している老人ホームは、「千楽苑」という名前ですが、老人ホームを運営するコンセプトとして「みんなで作る家」を掲げています。利用者とスタッフという垣根をフラットなものにし、全員が名前で呼び合うことができるような環境づくりに重点を置いています。

こうすることで、老人ホームという独特な空間や環境が一気に、家族や親せき、友人同士のような距離感で接することができるような雰囲気になっているのです。

また、利用者の方が、前向きに生き生きと生活することができる環境づくりをスタッフ心がけています。一緒に何かに夢中になって取り組むことをしたり、ただダラダラとお喋りに花を咲かせたりと、ご自宅で日常生活を過ごしているかのような日常を感じることができます。

そのような雰囲気を大切にする中で、ご家族が安心して任せることができると思ってもらえるような環境づくりも大切にしていますし、利用者さんが安心して何かの時には、相談したり頼ることのできる存在としてスタッフがいるような心配りも大切にしています。

このように、利用者とスタッフという関係から、一方踏み込む介護や日々のケアを行っているのが、千楽苑の毎日で、安心できる日々を過ごしているのです。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

生活様式を変える

戸建て住まいでの、メンテナンスや点検、お庭のお手入れなど
わずらわしさから解放されるために
高齢になってからは集合住宅に移り住まれる方が増えているようです。

さらに「安心・安全」を得るには、どんなことが必要でしょうか。
老人ホームと一概にいっても、様々な種類があります。
千楽苑は、お元気なうちからご入居される方
軽度の介護認定の方向けの「住宅型有料老人ホーム」です。

介護サービスは実施していませんが
近くに医療施設と連携を取ることで「もしも」の時に備えております。
また食事・洗濯・掃除などの身の回りの家事を行い
24時間スタッフが施設に常駐し見守り体制を強化しています。

ご入居する際の条件としては、次のようなものがあります。

・要支援・要介護の認定を受けている方
(要支援Ⅰ・Ⅱ、要介護Ⅰ・Ⅱ)

また、館内全体にALSOKの警備保証システムを導入しています。
不審者や、緊急時の防犯・安全対策が整っているため
防犯面における不安にも対応しております。

昇降リフト(いす型)や、個人別非常ベルなど、もしもの時の備えも充実。
持病をお持ちの方でも安心してお過ごしいただけます。
ご見学やご説明は、随時承っておりますので
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから




詳細はこちら

「歩幅」と「歩く速さ」で見る入居の適齢期とは

有料老人ホームへの入居を考えている方は

「元気なうちに家事から解放され、夫婦そろって第二の人生を楽しみたい」

「これから先、介護が必要になったときのことを考えて、早めに入居したい」

「一人暮らしの不安を解消したい」

「自宅を維持管理するのが大変」

「子供に迷惑をかけたくない」

など、さまざまなり理由をお持ちのことと思います。
有料老人ホームの形態は、大きく「介護付き」「住宅型」「健康型」の3種類に分かれています。

健康型は、元気なうちから入居できる施設ですが
重篤な介護や看取りまでは含まれていません。
自立から臨終までの介護サービス「混合型」もありますが
一般的に利用期間が長くなり、高額な費用がかかります。
そのため、実際には介護認定を受けてから施設をさがす人が圧倒的に多いです。

では、入居のタイミングは、どのように判断すればよいでしょうか。
人の年のとり方はさまざま。65歳ごろから老いを感じる方もいますが
一気に体力がなくなる人、いったん体力が落ちても、その状態を維持する人
あるいは100歳近くまでお元気な人など、老いは「個人差」が大きいものなのです。

判断基準のひとつとして「歩幅」も目安となります。
現役と呼ばれる人たちの歩幅は、年齢に関係なく自分の肩幅と同じくらいではないでしょうか。
しかし、衰えてくると、歩幅はだんだん狭くなり、スピードも遅くなります。

トイレまでの距離や、部屋の大きさなど、細やかな配慮が大切だと考えています。
千楽苑では、昇降リフト(いす型)や、個人別非常ベルなど、もしもの時の備えも充実。
お部屋は和室と洋室の2タイプあり、日当たりの良さがご好評頂いています。
ご自宅のようにリラックスしてお過ごしいただける空間を意識しています。

見学は随時承っておりますので
こちらよりお気軽にお問い合わせください。






詳細はこちら

各施設案内
お問合わせ

メニューを開く