生活様式を変える

戸建て住まいでの、メンテナンスや点検、お庭のお手入れなど
わずらわしさから解放されるために
高齢になってからは集合住宅に移り住まれる方が増えているようです。

さらに「安心・安全」を得るには、どんなことが必要でしょうか。
老人ホームと一概にいっても、様々な種類があります。
千楽苑は、お元気なうちからご入居される方
軽度の介護認定の方向けの「住宅型有料老人ホーム」です。

介護サービスは実施していませんが
近くに医療施設と連携を取ることで「もしも」の時に備えております。
また食事・洗濯・掃除などの身の回りの家事を行い
24時間スタッフが施設に常駐し見守り体制を強化しています。

ご入居する際の条件としては、次のようなものがあります。

・要支援・要介護の認定を受けている方
(要支援Ⅰ・Ⅱ、要介護Ⅰ・Ⅱ)

また、館内全体にALSOKの警備保証システムを導入しています。
不審者や、緊急時の防犯・安全対策が整っているため
防犯面における不安にも対応しております。

昇降リフト(いす型)や、個人別非常ベルなど、もしもの時の備えも充実。
持病をお持ちの方でも安心してお過ごしいただけます。
ご見学やご説明は、随時承っておりますので
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから




詳細はこちら

「歩幅」と「歩く速さ」で見る入居の適齢期とは

有料老人ホームへの入居を考えている方は

「元気なうちに家事から解放され、夫婦そろって第二の人生を楽しみたい」

「これから先、介護が必要になったときのことを考えて、早めに入居したい」

「一人暮らしの不安を解消したい」

「自宅を維持管理するのが大変」

「子供に迷惑をかけたくない」

など、さまざまなり理由をお持ちのことと思います。
有料老人ホームの形態は、大きく「介護付き」「住宅型」「健康型」の3種類に分かれています。

健康型は、元気なうちから入居できる施設ですが
重篤な介護や看取りまでは含まれていません。
自立から臨終までの介護サービス「混合型」もありますが
一般的に利用期間が長くなり、高額な費用がかかります。
そのため、実際には介護認定を受けてから施設をさがす人が圧倒的に多いです。

では、入居のタイミングは、どのように判断すればよいでしょうか。
人の年のとり方はさまざま。65歳ごろから老いを感じる方もいますが
一気に体力がなくなる人、いったん体力が落ちても、その状態を維持する人
あるいは100歳近くまでお元気な人など、老いは「個人差」が大きいものなのです。

判断基準のひとつとして「歩幅」も目安となります。
現役と呼ばれる人たちの歩幅は、年齢に関係なく自分の肩幅と同じくらいではないでしょうか。
しかし、衰えてくると、歩幅はだんだん狭くなり、スピードも遅くなります。

トイレまでの距離や、部屋の大きさなど、細やかな配慮が大切だと考えています。
千楽苑では、昇降リフト(いす型)や、個人別非常ベルなど、もしもの時の備えも充実。
お部屋は和室と洋室の2タイプあり、日当たりの良さがご好評頂いています。
ご自宅のようにリラックスしてお過ごしいただける空間を意識しています。

見学は随時承っておりますので
こちらよりお気軽にお問い合わせください。






詳細はこちら

家族の理解や支援が不可欠な「成功するホーム選び」

入居するご本人は入居に前向きでも
ご家族がなかなか前向きになれないことは多いものです。
ためらいがあったり、親戚の目を気にしたり。
費用の問題などもあり、バックアップするご家族には葛藤が生じるようです。

「良いホーム選び」は何かを考えてみると
優先するべきことは、入居する方の視点に立って
性格・趣味・望みに合った施設を選ぶことだと考えています。

ホーム選びは、親のことをよく理解する機会となります。
一緒に見学に行って、一緒に食事をしたり、レクリエーションに参加してみてください。
また、宿泊体験することで、もしかすると意外な一面を見ることができるかもしれません。

建物や設備のよしあしだけでは、そのホームの良さは測れません。
判断のキホンは「人とサービス」が原点です。

茨城県常総市にある住宅型有料老人ホーム「千楽苑」では
ご入居者様に安心した生活を送っていただけるように
さまざまな取り組みをしております。

医療機関とも提携していますので、入居者様はじめ
ご家族にも安心してご利用いただけると考えます。
施設の見学や、面談(出張可)も随時承っております。
ご希望の方や、ご不明点の相談は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

健康的で楽しい食生活のできると評判の住居型有料老人ホーム

有料老人ホームに入居するとなると毎日の食生活が不安という方も多いのではないでしょうか。

贅沢したいわけではないけれど毎食のご飯が楽しみとなる食生活を送りたいというのは多くの入居者・入居希望者が願う事。

毎日すごすうえで健康面に配慮した美味しい食事を出してくれる老人ホームを選ぶようにしましょう。

健康的な食生活の基本と言えば「一汁三菜」。

これは日本の昔ながらの食事の基本となっており、ごはんに汁もの、おかずが主催1品、副菜2品で構成された献立の食事です。

一汁三菜を取り入れることのメリットは栄養バランスの取れた食事ができる事。

旬の素材を取り入れればさらに充実感と満足度が高まります。

シッカリと食べることにより間食を防止でき、肥満防止にも役立ちます。

茨城県の常総市と牛久市にある住居型有料老人ホーム「千楽苑」は明るい雰囲気と防犯面にも優れた老人ホームとして高齢者や高齢者の家族の方からも支持されています。

健康面・栄養面に配慮した一汁三菜の食事も家庭的で美味しいと高評価。

食事の楽しみを感じながら自然と栄養バランスを整えられ笑顔で充実した日々を過ごせます。

防犯体制も整えられており気になる金額も安心価格。

まずはお気軽にお問い合わせください。

お問合せはこちらから

 

■お問い合わせフォーム

https://www.senrakuen.net/contact/

詳細はこちら

有料老人ホームの選ぶコツについて知りたい!

有料老人ホームを選ぶ際には介護付き有料老人ホーム・住居型有料老人ホーム・健康型有料老人ホームがあります。

介護付き有料老人ホームは介護等のサービスが付いている施設であり、介護が必要となった場合特定施設入居者生活介護を利用しながら生活が継続できます。

住居型有料老人ホームは生活支援等のサービスが付いている施設であり、介護が必要となった場合は訪問介護などの介護サービスを利用しながら生活が継続できます。

健康型有料老人ホームは食事等のサービスが付いた施設であり介護が必要となった場合は契約を解除し、退所となります。

健康状態や経済状況、将来を良く見据えたうえでどの有料老人ホームに入るかを検討することが大切。

口コミや実際に入っている方の話を聞くなども参考になりますが入居者本人と支える家族が納得できる場所に入居するのがベスト。

複数の老人ホームの見学や体験をし、話を良く聞いたうえで選ぶのがおすすめです。

茨城県で住居型有料老人ホームをお探しなら「住居型有料老人ホーム 千楽苑グループ」にお問い合わせください。

常総市に「常総千楽苑」と牛久市に「牛久千楽苑」の二つの住居型有料老人ホームを経営。

介護サービスが無くても近くの医療施設と連携を取り「もしも」に備えているので安心。

アットホームで明るい雰囲気の中、快適に安心して過ごせると評判です。

警備システムも導入しているので見守り度も高く防犯面もばっちり。

気になる金額面もホッとできる安心価格です。

まずはお気軽にお問い合わせください。

お問合せはこちらから

 

■お問い合わせフォーム

https://www.senrakuen.net/contact/

詳細はこちら

各施設案内
お問合わせ

メニューを開く